杢目金が再ブームに

逆輸入ともいえる現象

クールジャパンな杢目金

杢目金が再ブームに

杢目金の始まりは、中国から伝わった漆塗りの技法だといわれています。

漆も、何度も何度も塗りを重ね合わせて作り上げるもの。

屈輪彫りと言われる、重ねた漆を掘り下げて行って、渦巻きや唐草の模様を出す技法が、日本に伝わったのが室町時代と言われています。

杢目金は、この漆のテクニックを、金属を用いて作ったのが最初ではないかと言われています。

このテクニックは、正阿弥という刀装具の有名な職人に弟子入りした鈴木重吉が江戸で修業して、秋田へうつり、佐竹藩の刀装具の名工として、たくさんの刀装具を残したことから、広まっていきました。

その後は廃刀令とともに徐々に技術もすたれて、彫金技術が発達した昭和でも、残った文献が少なく、復活させるのは、困難だったといわれています。

ところが、海外に流出してしまった杢目金がMokume-ganeとして逆輸入される形で、日本の伝統技術が海外で注目を集めるという形で、日本国内でも広がってきました。

江戸時代と同様の手法で作られるプラチナやゴールドを素材とした結婚指輪の杢目金の技術は、世界に同じものが二つないという貴重なオーダーメイドが主流です。

時代を超えて、多くの人を魅了する鍛金の魅力は、一度見たら忘れない美しさを誇ります。


Copyright (C) www.schiff2010.com. All Rights Reserved.

クールジャパンな杢目金