杢目金の作り方

加工は手間のかかる作業

クールジャパンな杢目金

杢目金の作り方

杢目金は、銀、銅、プラチナ、金など違う種類の素材を研磨して、重ね合わせて作ります。

一旦ミルフィーユのように重ね合わせた地金は、しっかり重りを乗せて、厚みのある鉄板で挟み、酸化を防ぐ処理をしてから、ガス炉などで接合していきます。

熱間鍛造して、打ち述べて焼き直し、ドリルなどで模様を彫って、さらに打ち述べ作業をします。

杢目金はこのように、手作業で何段階にもいたる加工を地道に続ける技術です。

木目をきれいに出すためとは言え、手間がかかる加工です。

最期の仕上げには、着色を施して、木目の模様をきれいに浮き上がらせてできあがりです。

結婚指輪や婚約指輪の他にも、小物をデザインするのも流行しています。

男性にも受ける、しぶい落ち着いたデザインが人気です。

杢目金を自分で作るにはちょっとハードルは高そうですが、彫金や鍛金の工房が近くにあれば、相談してみるのもいいかもしれません。

最近はシルバーの価格が高騰しているから、なかなか贅沢なマイリングができあがるのではないでしょうか。

ユニセックスに楽しめるのも杢目金のパターンの普遍性かもしれません。

結婚指輪や婚約指輪に選ばれるには、それなりの理由があるんですね。


Copyright (C) www.schiff2010.com. All Rights Reserved.

クールジャパンな杢目金